子どもと一緒に見つけよう!最適な習い事の選び方(未就学児編)

習い事をする意味、将来は視野に入れるべきか

入会前に親と子がするべき事

皆さんは幼少期の頃習い事をした経験がありますか?
皆さんそれぞれ時代によって、流行していたものも違うので、習い事の種類も違ったでしょう。
分かりやすく説明をすると、電子オルガンが特にそうなのです。
電子オルガンとは一体何だと思う人も少なくないでしょう。
エレクトーンと言えば分かると思います。
右手で主旋律、左手で伴奏、右足で音の調節や音の切り替え、左足でベースを弾く楽器です。
手足でそれぞれ全く違う動きをするので、簡単にできるものではありません。
なぜ最初に電子オルガンと言ったのかと言うと、エレクトーンとは様々な楽器を扱っているメーカー、ヤマハ独自の名前なので、他社ではそう呼ばず、エレクトーンも含めてなんて読むのが正解かと言うと電子オルガンというのが正しいのです。
1970年代に電子オルガンが爆発的な人気になりました。
しかし最近では電子オルガン習っている子はかなり減っています。
理由は明確にわかっています。
ピアノと違って電子オルガンは上手くなればなるほど良い電子オルガンが必要になってくるからです。
上手くなればテクニックを要する曲が増えてくるので、それにあった楽器が必要になってくるのです。
買い換えるといってもとても高額な金額がするので、家庭の事情的にも長く続ける子がいなくなってしまったということです。
このように習い事しても長く見るととてもお金がかかってしまい、習うことを躊躇している子供たちがたくさんいます。
後悔しないためにどのように習い事を選べば良いのか考えていきましょう。

TOPへ戻る