子どもと一緒に見つけよう!最適な習い事の選び方(未就学児編)

習い事をする意味、将来は視野に入れるべきか

時代で変わる習い事について

親子で見学をして、納得したうえで決める

習い事を決める前に必ずしておくべきことは何でしょうか。
それは親子一緒に習い事をしている場所で見学をさせてもらうことです。
子供がやりたいことであっても、その場所の雰囲気ややり方で、想像していたのとは違うことがないとは言い切れないということです。
見学だけではなく1日体験習い事も少なくないので、親と子一緒に自分の目で確かめて決めることをお勧めします。
1日体験できるとなるとよりリアルに習い事をするシミュレーションができるので、すぐ決めずに、子供とよく話し合い時間をかけてでも習い事をするかしないかを決めるべきでしょう。
一度入ってしまうとやめづらいことになってしまうと、だらだらと無意味に習い事をすることになり、子供にとっても良くないと言えます。

内容を細かく把握し後悔のないようにする

習い事を始める前に親がやっておくべきことは教える立場の人とじっくり話し合うことです。
金銭的なものはもちろんのこと、親は子供が習う習い事しっかりと認識しておくことが必要です。
何よりも教える立場の人と全く話す機会がないということは避けましょう。
分からないことがあれば積極的に自分から聞き、納得するまで話すべきだと思います。
あやふやなままにしてしまうと、後に大きななってしまうことも少なくないので、子供が習う習い事には親のサポートはとても必要だと言えます。
子供とも習い事について頻繁に話すことをお勧めします。
習い事を通して子供の成長を感じられるので、親も習い事についてはできるだけたくさん把握しておくことが良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る