子どもと一緒に見つけよう!最適な習い事の選び方(未就学児編)

習い事をする意味、将来は視野に入れるべきか

習い事を小学生になる前からする意味

将来なる仕事と習い事の関係性

親の気持ちとして子供に習い事を習わせる時に、よく条件として出されるのは将来自分のためになることという親がとても多いのです。
様々な考え方がありますが、それはあまり考える必要はないのかもしれません。
例えばピアノを習っている子がピアニストになろうとする確率はかなり少ないのです。
ではやっても意味がないじゃないかという方もいらっしゃるかもしれませんが、ピアノで得られるものはピアニストに必要なスキルだけではないのです。
リズム感や表現力などたくさんのことがえられるので、子供が興味を持ち習い事をするということは決して無駄ではないと言えます。
将来ばかり考える必要もなく、子供が興味を持ちやりたいと思ったことを、将来の職業に関係なかったとしても仕事をする価値は確実にあるでしょう。

団体、個人で習う事それぞれの良さ

主にスポーツなので多い団体競技をことはとても子供にとって良いことと言えます。
個人競技も良いところはたくさんありますが団体競技で良いところと言うと、自分本位の考えだけではなく全体のことを考えられるようになり協調性がある子供になると言われています。
これは子供にとってとても大切で、社会に出た時も人間関係など上手にこなせる力がつきます。
周りのことを考えて行動ができるということは、高いスキルと言えます。
競技も良いところはたくさんあります。
自分の努力が全て結果になるので、努力を怠るということは、必ず結果に影響してくるので、メンタルが強くなり、これも社会で大きく役に立つことでしょう。
習い事をするということは知らない間に沢山のスキルが得られるということは間違いないでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る